トピックス

東京都行政書士会 市民相談センター

  • TOP
  • 賃貸住宅問題
  • システムのご案内
“大家さん”の賃貸住宅問題に市民相談センター

住宅を賃貸している“大家さん”にとって賃貸住宅のトラブルは様々な角度から発生する可能性があります。

家賃不払い・原状回復などの賃借人との関係はもちろんのこと、賃借人の過失によって他の部屋の居住者に損害を与えた場合の被害者との関係、また家賃や契約募集等の賃貸管理を委託している業者との関係、物件設備管理を委託している業者との関係、などなどトラブル発生の種は様々です。

このようなトラブルに対しては、まず『現状を整理し誰が誰に対してどのような請求をしているのか?』ということから考える必要があります。当センターでは、ご相談に対して必要な情報を提供する等ご相談者の問題を整理するための支援をしております。

ご相談事例

Q1

管理会社に賃料の徴収を代行させていましたが、突然賃料収入が滞り始めました。調べてみると管理会社が倒産してしまったようです。どうしたらいいでしょうか?

Q2

社宅として企業に長期で貸していました。この度契約終了で借りていた人が退去しましたが、借主さんの使い方が悪く、壁一面にカビが発生し多額の修繕費がかかります。この修繕費はすべて請求してもいいでしょうか?また、契約主である企業さんは原状回復の話し合いになかなか応じてくれないため、修繕ができず、次の入居者募集もかけられません。家賃の損害分も請求できますか?

Q3

更新前に賃借人が家賃の値下げを要求してきました。賃料の相場を調べてみたところ、現状が高すぎるともいえないので値下げ要求を拒否しました。そのうち更新契約の時期が過ぎましたのですが、賃借人は法定更新なので更新料は払う必要がないと言っています。契約書には更新料1カ月分と書かれていますが更新料は払ってもらえないのでしょうか?

上記のようなお悩みをお持ちのご家族の方は、ぜひ当センターまでご連絡ください。

パターン別事例集

▲ 賃貸住宅問題のメインページへ戻る

このページの先頭へ